スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| permalink | - | - |
<< 『Pecha Kucha Night NAGOYA vol.7の御案内!!』 | main | 『'11年度TDMC & NAC合同異業種交流会 開催の御知らせ!!』 >>

『中部デザイン協会創立60周年記念イベントの御案内!!』

 
あうる建築工房(有) 高梨ゆかり 様からの御案内です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中部デザイン協会創立60周年記念

節目の創立六十周年を迎え、デザイン協会としてデザインの社会的啓蒙、研鑽、向上にくした経緯を踏まえ、厳しい現状の課題を克服し、未来の新しい可能性を探るため、協内・外の英知結集の場となる、記念事業を展開します。



トータルデザイナー Michinori のブログ


●記念展覧会 過去・現在・未来
【 会 期 】

 2011年1月19日(水)〜24日(月)
 
11:00〜19:00(最終日は17:00)
【 会 場 】
 国際デザインセンター4階デザインギャラリー
 + デザインミュージアム
【 主 催 】
 中部デザイン協会
【 共 催 】 
 (株)国際デザインセンター・中部デザイン団体協議会
【 後 援 】
 中部経済産業局・愛知県・名古屋市・中日新聞社
 (予定)
【 入場料 】
 無料
【 出 展 】
アイシン精機蝓愛知蝓∪伉余忙勠蝓↓INAX、
カリモク家具蝓↓螢オリ、蟶屋、シャチハタ蝓
螢札鵐肇薀襯哀薀侫ックセンター、Too名古屋支店、
トヨタ自動車蝓∨田合成蝓▲屮薀供執業蝓
ホシザキ電気蝓¬声チューインガム蝓▲螢鵐淵き蝓
螢錙璽蹈鵝

青山茂、雨宮勇、家田清登、稲垣藤雄、岩月和人、
宇賀敏夫、江藤太郎、勝崎芳雄、加藤克俊、加藤高茂、
鬼頭正信、金昌郁、黄ロビン、斉藤綾、栄木正敏、
榊原晴勝、渋谷寿、杉野直也、高梨ゆかり、高橋省次、
滝本成人、坪井治泰、西村知弘、丹羽宏暁、野崎悠子、
林英光、平光無門、福永祐三、舟橋辰朗、森本健、
馬淵勝之、丸井とも子、宮本美代子、三輪義信、
山内瞬葉、山田正雄、山本敏子、和田晋爾。

椙山女学園大学、名古屋学芸大学。

以上、法人作品17社+個人会員作品38名
+学生作品2校(4研究室)(五十音順)


●記念式典・講演会
【 会 期 】
 2011年1月22日(土) 13:00〜17:30
【 会 場 】
 プリンセスガーデンホテル3階ジャスミン・ガーデニア
【 定 員 】
 130名
【 主 催 】
 中部デザイン協会
【 記念式典 】
 13:00〜14:00

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:
【 基調講演 】
 14:10〜14:50
日本のデザイン戦略
講師:廣瀬 毅 氏
   経済産業省 製造産業局
   デザイン・人間生活システム政策室 室長
【 講演会講師プロフィール 】
 戦後復興期、日本独自のオリジナルデザイン推進のために再開した我が国のデザイン政策は、ものづくり技術の優秀さと相まって、その後の目覚ましい経済成長に大きく貢献し、我々のライフスタイルを急速に向上させた。しかし、現在世界同時不況の波に襲われた我が国経済は、そのダメージをいまだ克服できず、さらに少子高齢化、国際競争力の低下、地球環境問題などの課題が山積し、日本全体に閉塞感が蔓延している。そうした中で、デザインの方向性が改めて問われている。デザインの領域と役割が大きく変革している現在、デザイン政策も大きく舵を切る時期に来ている。今後我が国がとるべき経済政策におけるデザイン行政の位置づけを展望する。

講師プロフィール:廣瀬 毅
■経済産業省 製造産業局 デザイン・人間生活システム政策室長
■1958年 東京都生まれ
■1981年 中央大学経済学部卒業 通商産業省(現経済産業省)入省
■1996年 大臣官房 広報課報道班長
■1998年 中部通商産業局 産業企画部 産業技術課長補佐
■2000年 中小企業庁 長官官房総務課 施策普及室長補佐
■2002年 製造産業局 鉄鋼課長補佐
■2003年 中小企業庁 経営支援部 商業課企画官
■2005年 岡山市へ出向(経済局長)
■2007年 製造産業局 住宅産業窯業建材課企画官
■2008年 現職

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:
【 特別講演 】
 15:00〜16:10
トヨタデザインが目指す車の価値
講師:丸谷勝己 氏
   トヨタ自動車株式会社
   デザイン本部 デザイン管理部長
【 講演会講師プロフィール 】
 自動車市場において、デザインの役割は常に世界の各市場それぞれのお客様のニーズや嗜好を先取りした商品をタイムリーに投入していく事が重要である。歴史的にはトヨタデザインは他社に先駆け米国や欧州にデザイン拠点を設けるなどそれぞれの地域のニーズに応える開発を行ってきた。一方、現在「環境・エネルギー」「安全」等に関する新しい社会的ニーズも益々高まり、デザインにも大きな影響をもたらし、今後も新たに様々なファクターが影響力を増して来るだろう。その中でトヨタはそれらに応えながら「うれしさ」や「魅力」、更には独自の「味」を付加価値として、新しいエモーショナル性やオリジナリティのあるデザインを追求していく。

講師プロフィール:丸谷勝己
■トヨタ自動車株式会社 デザイン本部 デザイン管理部 部長
■1956年生まれ
■1980年九州芸術工科大学(現九州大学)芸術工学部工業設計学科卒 同年トヨタ自動車工業株式会社入社(現トヨタ自動車株式会社)デザイン部に所属、主に外形デザイン開発を担当
■2005年デザイン本部トヨタデザイン部部長
■2010年デザイン本部デザイン管理部部長就任、現在に至る
■86〜89年トヨタデザイン拠点・カリフォルニア州・CALTY DESIGN RESEARCH社出向
■98〜01年テクノアートリサーチ社出向
■01〜05年CALTY社長就任

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:
【 特別講演 】(共催:愛知県)
 愛知県産業デザイン講座 16:15〜17:30
未だ見ぬ人に届ける仕事 CM作りのクリエイティブ
講師:早川和良 氏
   株式会社ティー・ワイ・オー campKAZ 代表取締役
【 講演会講師プロフィール 】
 CM作りのクリエイティブ
 CMはテレビを通しての広告コミュニケーションです。
テレビの向こうにどんな人がいるのか分からないけれど、その時間を共有した人にはちゃんと届けたい。
たとえそれがそのCM のターゲットからはずれた人達だとしても15秒、30秒というわずかな時間の中で何かを感じてもらいたい。そんな想いでCM を作ってきました。
自身が演出したCM の事例を上映しながら、すべてのモノ作りに通底しているクリエイティブの核心に触れたいと思っています。

講師プロフィール: 早川和良
■1952 年名古屋市生まれ。1975 年金沢美術工芸大学彫刻科卒。同年日本天然色映画企画演出部入社
■1982 年ティー・ワイ・オー設立に参加
■2003 年Camp KAZ 設立
■2010 年ティー・ワイ・オー専務取締役に就任
ACC グランプリ
ADC 賞
フジサンケイTVCM 大賞
広告電通賞
カンヌ国際広告映画祭金賞
アジア広告映画祭最高賞
IBA 賞
ロンドン広告映画祭部門賞
タイ広告祭金賞
ニューヨーク国際広告フェスティバル金賞

●記念レセプション
【 会 期 】
 2011年1月22日(土) 18:00〜19:45
【 会 場 】
 国際デザインセンター4階デザインミュージアム
【 主 催 】
 中部デザイン協会
【 主 催 】
 (株)国際デザインセンター・中部デザイン団体協議会
【 後 援 】
 中部経済産業局・愛知県・名古屋市・中日新聞社
 (予定)

中部デザイン協会(略称CDA)は、デザインの黎明期とも言える時代、全国に先駆け1950年に愛知県工業設計家協会として、事務局を愛知県工業指導所内に置き発足、1954年に現在の中部デザイン協会に改称しました。CDAの活動は、工業指導所の事業と連携して企画され展示会の開催や講演会、講習会、研究会、企業見学会、情報誌の発刊といったデザイン振興事業を推進してきました。1981年に愛知県工業技術センターに事務局を移し、1990年からは、事務局を現在の愛知県デザインセンターに移転し、県の施設を利用した、デザイン展、デザイン講演会、研究発表会など、他のデザイン団体に見られないデザイン振興事業を展開してきました。CDA創立25周年には、会員紹介を中心にした記念誌を発刊。2001年には、国際デザインセンターにおいて創立50周年記念事業を行い、記念講演会、レセプション、記念会員作品展、50周年記念誌の発刊など、多彩な事業を展開しましたCDAが他のデザイナー協会と大きく異なるところは、企業会員を法人会員として位置づけて常に、企業活動とリンクする形でデザイン事業を展開している事と、異分野のクリエーターを擁して多様な事業展開をしていることです。また近年は、Webによる情報発信に力を入れるとともに、さらに若手新入会員が積極的に参画できる委員会の新設・運営など活発に事業展開を図っています。60周年を機に中部圏域のデザイン活動の活性化をさらに高める機会と位置付けております。

【 会場案内 】
 ◇国際デザインセンター
 〒460-0008 名古屋市中区栄3ー18ー1
 ナディアパークデザインセンタービル
 TEL(052)265ー2106(代)  
 ◇プリンセスガーデンホテル
 〒460-0008 名古屋市中区栄3ー13ー31
 TEL(052)262ー4111(代)
【 交通アクセス 】
 ○地下鉄ご利用の場合
  名古屋駅より地下鉄東山線で数分
  地下鉄東山線(名城線)栄駅丸栄百貨店西出口
  徒歩数分
 ○お車の場合
  名古屋駅より車で数分●セントレアより車で50分
  ●名古屋空港より車で30分●東名・名古屋インター
  より車で30分●名古屋高速・白川インターより車で5分
  ●名古屋高速・東新町インターより車で5分 
【 参加申込書 】
 以下の項目にご記入の上、FAX.052-222-0786 または
 Eメール cda001@nifty.com まで、お申し込みください。
 ○締め切り1月11日(火)
  ※但し定員130名になり次第、締め切らせていただきま
   す。ご了承ください。)
 ○氏 名  他:  名
 ○所 属
 ○tel
 ○e-mail
 どちらかに○印をつけてください。
 基調講演+特別講演+レセプション(4,000円)参加
 レセプションのみ(1,000円)参加
 参加費は当日、会場にてお支払いください。

【 お問い合わせ 】
 〒460-0002名古屋市中区丸の内2-4-7
 愛知県産業貿易館7F
 愛知県デザインセンター 内 中部デザイン協会 事務局
 tel./fax. 052-222-0786
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tdmc.jugem.jp/trackback/104
この記事に対するトラックバック